MENU

出村邦彦のプロフィール


ビジネス右脳発想とは


最新のセミナー情報


講演・執筆依頼について


商品のご紹介


お客様の声


会社概要


プライバシーポリシー



商品のご紹介

 

手書きチラシシリーズ 第三弾!
だから儲かった 手書きチラシ作成術 トラの巻

   もっと儲かる全国手書きチラシ実例集

汚い手書きチラシのカリスマが遂に到達した
誰でもラクに成功できる秘中の秘24法則を公開。
個人商店・自営業・小規模店・会社専用。

 

 

本のサイズ
大型本 18.6cm × 13cm × 1.8cm 
ページ数
192ページ
発売日
2009年7月9日
出版社
ハギシン出版
価格
1365円(別途送料 全国一律300円)

 

ご購入は コチラ からどうぞ

 

 


購入者からの絶賛の声! ( 「アマゾン」レビューより

★★★★★  (5つ星のうち 5.0)
<タイトルは手書きチラシ作成術ですが・・・> 2009/7/13   By よっちゃん
商売している人がお客さまに商品を買っていただく為にすること、
営業トークだったりホームページ作成だったり、看板やPOPにチラシ作成。
その時に必要な心がけ
「お客様と自分の関係を”人と人”で考えること」
これが肝だったんですね。
それがとても良く分かるように書かれています、
この本はチラシ作成の心強い味方です!
しかしそれ以上に商売上のヒントになることが盛りだくさん、
様々な場面で参考に出来るでしょう。


★★★★★  (5つ星のうち 5.0)
<衝撃を受けた。> 2009/9/7   By とある企業の営業マネージャー "しゅう"
これまでのノウハウ本とはまったく違う。
今まで当たり前に考えていた綺麗なチラシ、綺麗な案内。
それらの考えとともに、様々な顧客目線が語られている。
いかに自分が盲目になっていたかを気付かされた。
チラシの向こう側には人がいる。
この本にはチラシのみならず、商売をやっていく上での「気付き」が満載だ。
今日からの僕の営業スタイルが変わると思ったし、
即実践しても結果が付いてくると実感できる。
半年後、1年後、この本がボロボロになっているであろう、
衝撃の勉強本だと思いました。
僕は営業組織としては割りと大きな会社に所属している。
日々、あらゆる企画書、提案書、パンフレット、
それらの雛形は会社が多種多様と用意してくれる。
しかし、数字がある一定のラインから伸びない。
なにが足りないのか、営業力不足だろうか?
やはり不景気だからだろうか?
そんな思い、考えが180度変わりました。

★★★★★   (5つ星のうち 5.0)
<広告づくりでお悩みの中小企業経営者におススメの1冊です。> 2009/8/10   By十河尚史
表紙カバーの下の方に
「 大手企業と 大手量販店の方立入禁止!この本は個人商店・自営業・小規模店・小さな会社専用です 」
と書いてありました。
読んでみると、本当にその通りの本でした。
私が、印象に残った著者からのメッセージは、
「 お客様は 的(ターゲット)では、ありません。お客様も、自分も同じ人間なんです 」
「 お店 対 お客様 / 会社 対 お客様 という関係から、早く抜け出して、
人 対 人 という 新しいの関係になるためにチラシや、その他のツールづくりに
取り組んでみましょう 」
「 お客様は、直接口には出さないが、本当はあなたの事を知りたがっている。
だから、商品を説明する前に、自分の事を伝えることが大切ですよ 」
などなど…
この本を読み終えて、
私たちの中小企業家の脳は、奥の奥まで「大企業の広告が正しい」と 誤った常識が、
刷り込まれている!
中小企業には、中小企業らしい広告のつくり方がある!
お客様もそんな広告を待っている! と、感じました。
これから、広告を企画する。 営業ツールをつくろうとしている中小企業経営者に、
おススメの1冊です。

★★★★★ (5つ星のうち 5.0)
<出村さんのユーモアにどっぷりと・・・> 2009/7/19   By 小さな会社のウェブマスター
手書きチラシの大家として有名な著者ですが、そのノウハウの根本は出村さんの
「人に対する愛」「ユーモア」だと思います。
3冊目の本書は、細かなノウハウというよりは、
どういう視点で書くと楽しいかをよく知ることが出来ます。
途中で、仮に出村さんが住宅展示場の家の中にPOPをつけていったら・・・
というコーナーがあるんですが、なんとも言えないあたたかさとおかしさにあふれています。
こういう「出村アトモスフィア(雰囲気)」を感じるには最適の書で、
またそういうフィーリングをいかに体感するかが、
手書きチラシ成功の最大の秘訣なのではないかと思います。
「本書を読んで、ウズウズ感じちゃったら、1冊目も読みましょう。」



ご購入は コチラ からどうぞ